​相 続 放 棄  親や親族の借金を安い費用で放棄できます。

えっ!借金がこんなにあるの!

​親や親族が亡くなってから3か月が経ったころ,突然請求書や訴状が届く・・・そうなってからでは手遅れかもしれません。

​相続は突然やってきます。葬儀が済んで落ち着いたら,亡くなった人(被相続人)の財産や負債の状況を確認しましょう。

そして,多額の借金があったらどうしますか・・・・タイムリミットは3か月です。

​相続放棄をお考えなら,費用が格安・定額の当事務所にご相談ください。

24時間受付.png
 

当事務所の料金設定

当事務所の料金は次のとおりシンプルです。※全て消費税込みです。

①1人目 2万円(基本料金)

②2人目以降 15,000円※被相続人が同じ人の場合

​※​実費として,1名につき,裁判所手数料800円,切手470円(裁判所によって若干違います)郵送料1,000円程度が別途必要です。これはご自分で手続きしてもかかる費用です。

【料金の計算例】

配偶者と子の合計2名様が相続放棄する場合:20,000+15,000=35,000円

【付随業務】ご希望があればお受けする業務

戸籍収集:3,000~5,000円※戸籍が少ない場合3,000円,多くても5,000円が上限です。

【基本料金に含まれる業務】

①仕事をお引き受けするときから完了するまで何度も無料で相談できます。

相続放棄申述書の作成

③あなたに代わって裁判所へ書類を提出

​④裁判所からの照会(質問)に回答する際のアドバイス

※あなたは書類にサインして印鑑を押すだけです。

ご依頼までの流れ.png
相談はいつでも無料c.png
お申込み.png
 

相続放棄とは

相続放棄とは,被相続人の遺産(不動産,預貯金や借金などすべて)を相続する立場・権利を放棄することです。
放棄すると,その相続に関しては初めから「相続人ではなかった」とみなされます。「相続人ではなかった」ので財産も借金も相続しません。
もし,明らかに借金が多い場合や,相続争いに巻き込まれたくない場合は相続を放棄した方が良い場合が多いでしょう。

 

放棄の期限

相続放棄は,自分が相続人になったことを知った時から3か月以内に裁判所に申し出なければなりません。
よく
「死亡から3か月を過ぎていますが,放棄できますか?」というご質問がありますが,この「自分が相続人になったことを知った時」は,必ずしも,被相続人の死亡を知った時ではありません。相続人ごとに見てみましょう。

(1)配偶者:必ず相続人になるので,死亡を知った時

(2)直系卑属(子や代襲相続する孫):第1順位相続人なので,死亡を知った時

(3)直系尊属(父母や祖父母):第2順位なので(第1順位相続人がいる場合は相続権がない),被相続人の死亡と直系卑属が相続人にならないこと(被相続人より先に死亡・相続を放棄した場合など)を知った時

(4)兄弟姉妹:第3順位相続人なので,被相続人の死亡と第2順位相続人が相続人にならないことを知った時

 

兄弟姉妹は第3順位の相続人ですので,自分が相続人になったことを長期間知らなかったということがよくあります。

例えば,ある男性が亡くなり,子や孫が相続を放棄した場合(父母・祖父母は既に死亡),男性の兄弟姉妹に放棄したことを伝えないと,兄弟姉妹はいつまでも自分が相続人になったことを知ることはありません。ある日突然,男性の債権者から兄弟姉妹に催告書や訴状が届き,兄弟姉妹から「なんで早く教えないんだ!」なんて苦情を言われるかもしれません。


相続放棄手続はどうやるの?
自分が相続人であることを証明する戸籍謄本などを添付して,被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出します。

  相続放棄申述書はこちら(裁判所ウエブサイト)▷
 

この戸籍謄本を集める作業は,第3順位の場合すごく大変です。

第3順位の兄弟姉妹の場合,第2順位の直系尊属はまず被相続人の両親ですが,その両親が死亡または相続を放棄した場合,更にその上の世代の尊属が死亡していることを戸籍で証明し,そして,その存続が死亡していても,もし生きていれば90歳ぐらいだと,更にその上の世代が生存している可能性があるので,そこまで遡って戸籍を取得し,それら尊属全員が死亡していることを証明する必要があります。その戸籍の量は相当数に上り,費用と手間を要します。
市町村役場は平日しか開いていないので,その時間に行ったり連絡を取ったりする必要があります。   戸籍収集について▷


そんな時は,格安(原則5,000円,

少数の場合3,000円程度)で戸籍の

取り寄せを承っている当事務所にお任せください。              


それ,相続の放棄ではありませんか?  
「私は相続を放棄した」とおっしゃる人の中に,よく聞いてみると,
他の相続人に相続させ,自分は何も貰わなかったことを相続放棄だと思い込んでいる人がいます。

確かに,何も貰わなかったので相続の放棄に似ていますが,これは「相続の放棄」といって相続の放棄ではありません。
この場合は,恐らく3か月以内に相続の放棄をしなかったでしょうから,単純に相続したことになります。相続した以上,プラスの財産を貰ったかどうかに関係なく,また勘違いしていたかどうかにも全然関係なく,借金などのマイナス財産があれば,それを当然に相続しています。

財産を相続した人が借金を払ってくれればいいのですが・・・・・


相続放棄しても生命保険金は受け取れる
生命保険は,保険契約者(被相続人)と保険会社との間で交わされた「自分(被保険者)が死んだら保険金を〇〇に払ってください」という趣旨の契約です。
従って,この保険金を受け取る権利は,被保険者の死亡によって生じる保険契約上の権利であって,相続から生じた権利ではありません。例えば,

 妻を受取人にした場合⇒離婚しても受取人のままであれば保険金をもらえる

 会社が従業員を被保険者にして,会社が受取人の場合⇒会社が保険金をもらえる

など,相続権がない離婚した妻や相続とは無縁の会社も保険金をもらえることからも,相続とは全く関係がないことが分かります。

なお,保険金受取人の定め方によって(被保険者を受取人にしている場合),保険金を請求する権利が相続財産となる場合があります。
なお,保険金は,法律上は相続財産ではありませんが,課税上は,相続財産とみなされて相続税の課税対象となります。
  

お申込み.png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter Social Icon

Copyright © 佐々木司法書士事務所 All Rights Reserved.